資金調達・幹部育成のご相談ならお任せください!株式会社 ビジネス・デザインOffice

  • HOME
  • 会社概要
  • アクセス
  • サイトマップ

042-730-7886 お問い合せ

  • 成功事例
  • コンサルティング
  • スタッフ紹介
  • 会社概要
  • 採用情報
  • お問い合わせ

株式会社 ビジネス・デザイン

  • HOME
  • よくあるご質問

よくある質問

Q.png

金融機関とのやり取りが苦手です。立会いをしていただけるのでしょうか?

01.jpg 立会いを許されている金融機関であれば、勿論立会いを致します。
立ち会うだけでなく、交渉を有利に進められるよう全力でサポートします。
交渉が苦手な経営者様もご安心ください。立会いを許されていない場合は、事前にシミュレーションを行い、突っ込まれるであろうポイントを押さえ、適確な回答も事前に準備しましょう。
金融機関との折衝はおそれるに足りません!自信を持って、会社の成長計画と返済計画をアピールしていきましょう!
 
 
Q.png

銀行借入以外の資金調達も検討したいのですが何か方法はありませんか?

finace_img04.jpg
少人数私募債を検討できませんか?少人数私募債とは、縁故者や役職員、取引先などから直接資金を調達する社債の一種です。
銀行借入との違いは、借入は保証協会への保証料、銀行への前払利息などが差し引かれて入金されてきますし、元本の返済も据え置き期間がなければすぐにスタートします。
しかし少人数私募債ですと、全額が会社の口座に振り込まれ、償還期限内は月々の返済もなく、利息も年1回の後払いとなります。
出資と違うので返済は必要ですが経営権は確保できるのもメリットです。
適用するには要件がありますので興味のある方は、お問い合わせ下さい。
 
Q.png

保証協会の保証枠がいっぱいなのですが、担保がないために追加の資金調達ができません。何か良い方法はありませんでしょうか?

 
finace_img06.jpg
経営革新計画を活用してみませんか。都道府県の承認が必要ですが、経営をもっと良くする取り組みに対して、様々な公的支援が用意されています。
代表的な公的支援は経営革新計画の承認事業に対しての資金に保証協会の無担保保証枠が別枠で設けられています。
 
既存事業の運転資金や設備投資には使えませんが、新たなチャレンジの際には活用を検討されてはいかがでしょうか。



お問い合わせはこちらから

ImgTop2_4.jpg

Copyright (C) 株式会社 ビジネス・デザイン All Rights Reserved.